この年代でよく話題になるテーマとその対応
  • 結婚:この世代の最重要テーマは言うまでもなく結婚です。勿論結婚しないという選択肢もあって、これが最近結構受けていますが。
  • お子様の誕生は20歳代か30歳代でしょうか。少なくとも人数などをあらかじめ計画する時期ですね。
  • 結婚、お子様の誕生を踏まえて、保険の加入のタイミングです。  ご家族に対する責任が出てきます。必要保障額を見積もって生命保険への加入を検討下さい。また医療保険などは、若いうちの方が保険料が安いという特典があります。
  • この時期の大きなテーマは住宅取得です。  賃貸か購入か。また一戸建てかマンションか。ローンは固定金利か、変動金利か、頭金はどの程度にするか。両親から補助があるのかなど、多くの選択肢があります。今後の生活の変化を先読みして決定することが重要です。
  • お子様が誕生して、夢がふくらみます。将来どんな人に育てますか?お子様の教育について具体的な計画を立てましょう。私立か公立かなど。子供保険や財形貯蓄など教育費の計画を立てて、準備を開始しましょう。
  • この時期は、人生の確立期。ファイナンシャル・プランナーによるライフプランを求める絶好のタイミングです。将来へのしっかりとした見通しを持って、生き生きとした活躍が期待されます。
  • この時期は、人生の確立期。ライフプランを作成して、将来へのしっかりとした見通しを持って、生き生きと活躍してください。
  • 人生の円熟期です。収入が増えますが、一方で住宅ローン、教育費など支出も増加する時期です。ライフプランを作成し将来を見据えた計画の基に収支をしっかり整えることが重要です。
  • 家族の年齢、構成などにも変化が出ますので、保険の見直しを都度行うことが必要です。遺族保障金額の見直し、介護保険の加入などを検討するタイミングです。
  • 老後資産に備えて、ライフプランに基づいたしっかりとした計画により資産運用をスタートさせましょう。資産運用は貯めてから始めるのではなく、貯めるために行うと考えてください。
  • お子様の手も省けはじめる時期ですが、一方で教育費や住宅ローンなど支出がピークになる時期でもあります。早めにライフプランを作成し、この時期をうまく乗り越えることがとても重要です。
  • 教育費は、教育ローンや奨学金を効果的に使ってください。
  • 住宅ローンは繰り上げ返済や借り換えを検討し、ローンの負担軽減を考えることが大切です。
  • 一方で老後資金を蓄える始める時期です。余剰金を無駄せず、少しでも老後の資金に振り向けるという考え方が大切です。
  • 保険の見直しを行います。生命保険は減額し、医療保険・ガン保険・介護保険を中心にした内容に見直してください。
  • 相続についても対策を開始する時期です。
  • お疲れ様でした。心の休まるリタイアメントライフをエンジョイして下さい。そのためには、退職後のライフプランが欠かせませんね。
  • 年金による生活が基本になります。一方で退職金を無駄にせず資産運用による収入の上積みを図ることも重要です。勿論、慎重な取り組みが求められます。
  • 相続の対策をしっかりと行うタイミングです。遺言書の作成、見直しなどと共に相続税対策を行います。
  • リタイア後は奥様の余命を考えると、平均約30年という長いものです。生き甲斐を持って、生き生きと生活されることを願っています。  そのためにもライフプランをぜひ活用してください。
 
Copyright (C) 2006 SuzutakaFP. All Rights Reserved. webdesign/designbox