私が、ファイナンシャル・プランナーに出会ったのは、56歳の正月でした。その頃定年が目前に見え出し、会社での仕事生活に疑問が湧き出ていました。気力のある限り、自分の考えかたで方針が決められる、そんな仕事がしたいと。
 
  ファイナンシャル・プランナーの分野は、年金や保険や住宅ローンなど、いわゆる家計上のいろいろな問題を取り扱います。これからは、経済的に自己責任が問われます。ファイナンシャル・プランナーの仕事は、今後日本において必要になり、必ず皆さんのお役に立てると考えました。
 
  スズタカFPオフィスは、皆さんの生活設計を家計の面からトータルで支援します。
 
 
Copyright (C) 2006 SuzutakaFP. All Rights Reserved. webdesign/designbox