お子様の教育費が、家計に大きな負担になっています。少子高齢化の大きな原因ではないでしょうか。一人のお子様が私立の大学を卒業するのに、約一千万円掛かるとよく言われます。何人ものお子様を立派に育てるのは経済的にも大変なことです。対策として二つのことを挙げることができます。
 
  一つは、お子様が小さい頃から教育資金をためるという方法です。これには、子供保険や財形貯蓄による融資を使うことが考えられます。しかし近年の低金利で、貯蓄性がほとんど無いことを覚悟しておかねばなりません。
 
  二つ目は、進学の時期になってから資金を都合するという考え方です。これには各種ローンを借りるのと奨学金を使う方法があります。ローンには銀行などの金融機関によるものと国の教育融資などの公的なものとがあります。しかし、お子様の自主性という観点から奨学金をお勧めしたいですね。奨学金にも大学などが行うもの、企業が主催するもの、日本学生支援機構が行っているものなどいろいろあります。制限や条件が多いので、事前の確認が必要です。   ご相談フォームはこちら>>>

 
 
Copyright (C) 2006 SuzutakaFP. All Rights Reserved. webdesign/designbox